• 小澤辰雄

投資物件の価格は3つある。

最終更新: 2019年2月23日

ルーセントの小澤辰雄です。投資物件

のオーナーさんであれば、いずれはお

とずれる物件の売却。どの売主さまも

高く売りたいと思うのは当然です。

そこで、できるだけ高く売却するため

の3つの価格設定のお話です。

以前、売却査定をおこなった売主さん

から『〇〇〇〇万円で売りたい』とい

う金額を提示されました。


その価格は現在の売却相場からすると

大体3割ほど高い価格でした。私はい

つもどおり、現在の融資状況などを根

拠とした査定結果をお伝えしました。

するとその売主さまは希望金額を下回

る査定価格にとても不満そうです。な

ぜかと言うと、ほかの不動産会社で

『うちにはお客がたくさんいますの

で、あなたの希望価格、いやそれ以上

の価格で売れますよ』と言われたよう

なのです。


わたし自身も投資物件を保有していま

すので、できるだけ高く売りたい売主

さんの気持ちはよく分かります。


そのため基本的に希望価格から売り出

してみることをオススメしています。

その事を伝えると、すでに何社か売却

の依頼をしていたようですが、私にも

依頼してくださり、最後は買った価格

より約2割ほど高く売れた!と喜んで

いただけました。


約9年ほど保有した間のキャッシュフ

ローを合わせると相当な利益になった

ようです。


物件が無事に売れたあと、『お客がた

くさんいるので希望価格で売れます』

と言っていた会社から具体的な連絡は

一度もなかったよ。と笑いながら話し

てくれました。

実際、高い価格で売り出して価格交渉

のお話があったら検討するというのは

良い手段です。不動産会社からそのよ

うに提案を受けることも多いと思いま

す。

しかし

ただ高い価格で売り出しておくだけだ

と買主さんから見て『やたら高い物件

だな~』と見向きもされません。


実は不動産業者から見ても『こんな高

いんじゃお客さんに紹介できないな』

なんて思われて放置されてしまうこと

も多いのです。


そのあいだに物件情報の鮮度が失われ

てしまい、ずっと売れ残っているイケ

てない物件というイメージになってし

まいます。

そんなことにならない為に、

査定をするときに3つの価格を売主さ

んと共有するようにしています。

一つ目が

1番高く売れる可能性がある価格。


二つ目が

実際に売れると想定される価格。


三つ目は

最悪この価格までには売れるであろう

と想定される価格です。



もちろんなんとなく言っているわけで

はなく、その時の融資状況や買主目線

などを根拠として査定をするようにし

ています。

この3つの価格を共有しておくことで

お客さんから問い合わせの反応がなけ

れば、すぐに価格の見直しをすること

ができるのです。



そうすることで、その時の一番高く売

れるチャンスを逃しずらくなくなるの

です。



今まで銀行融資が積極的だったため、

多くの売主さまが高値で売却できてい

ましたが、今後はどうなることやらで

す。


おしまい。

●最新の融資状況や物件情報を

会員限定でメルマガ無料配信してます。

(未公開の物件も含む)

【メルマガに登録する】

※メールアドレスの入力ミスがあると、

お返事が届かない場合があります。入力

間違ったかも?と感じたら再度登録くだ

さい。




おまけ

物件が高く売れると、私たちもいただ

く仲介手数料がすこし増えるので売主

さん達にはどんどん高値で売却してほ

しいです。。。



おしまい


●最新の融資状況や物件情報を

会員限定でメルマガ無料配信してます。

(未公開の物件も含む)

【メルマガに登録する】

※メールアドレスの入力ミスがあると、

お返事が届かない場合があります。入力

間違ったかも?と感じたら再度登録くだ

さい。




#不動産投資 #ルーセント #小澤辰雄

#投資物件 #売却 #アパート

#自由 #コーヒー #家族の笑顔

#収益物件 #スルガ銀行 #不動産投資ブログ

株式会社ルーセント                

免許番号:東京都知事(1)第100480号 

 

〒110-0005

東京都台東区上野3-10-7 LCビル4F     

 

電話番号      FAX

03-5812-1381   03-5812-1382