• 小澤辰雄

人がいいのも、考えものです。

最終更新: 2019年2月23日

ルーセントの小澤辰雄です。投資物件

にはオーナーさんも気づいていないさ

まざまな問題が潜んでいるものです。

今回は良かれと思ってやったことが裏

目に出てしまった。そんなお話です。

過去に多くの問題を抱えたアパートの

売却依頼を受けたことがあります。そ

の問題とは、室内に水たまりがある。

物件の壁にななめのクラック(ヒビの

こと)が多数入っている。雨もりして

いる。全戸数のうちほぼ半分が退去時

のままになっている。という感じです。

しかも雨もりや水たまりになってしま

う原因がわからないというのです。専

門業者をいれて調査をしてらったよう

ですが、やはり原因はつかめませんで

した。



この時点でかなりの修繕費がかかって

おり、売主さんも早急に売却を希望さ

れていました。



最初に売却相談をした不動産会社では、

現地を見に行って、これは直してから

じゃないと買い手は見つかりませんよ。

と言われて話が終わってしまったよう

です。

投資物件の多くが個人売買のため、現

状のまま売りたいという売主さんが多

く、今回もこの状態のまま買ってくれ

る買主さんを探すことになりました。



これは長期戦になるなと覚悟していま

したが、相場価格より安く売り出して

いたことで、不動産業者がすぐに買っ

てくれる事になったのです。



もちろん売主さんも大喜びです。

そして契約の数日前に、事件は発覚し

てしまうのです。


売主さんから電話が鳴り、『受水槽の

ポンプが動いていないようです』。

えっ、点検を入れるお話なんてしてま

したっけ?

話を聞いていくと、何年も受水槽の点

検をやっていなかったようなのです。

今回の売却が決まったことで、所有者

として最後の責任を果たしたい!とい

う善意で点検をやってくれたのです。

今回買主さまも、そういった見えない

問題が後から出てくることを承知して

購入を決めていましたが、事前に発覚

したのであれば直してから引き渡して

ほしいとの意向でした。

このことで売主さんは約70万円近い

修繕費を支払うことになり、肩を落と

す結果となってしまったのです。


オーナーさんも色々な考えを持ってい

るかたたくさんいます。取引条件など

まったく相談ができないオーナーさん

も困ってしまいますが、何事もやりす

ぎてしまう人のいいオーナーさんも考

えものですね。


おしまい


●最新の融資状況や物件情報を

会員限定でメルマガ無料配信してます。

(未公開の物件も含む)

【メルマガに登録する】

※メールアドレスの入力ミスがあると、

お返事が届かない場合があります。入力

間違ったかも?と感じたら再度登録くだ

さい。


#不動産投資 #ルーセント #小澤辰雄

#投資物件 #売却 #アパート

#自由 #コーヒー #家族の笑顔

#収益物件 #スルガ銀行 #不動産投資ブログ

株式会社ルーセント                

免許番号:東京都知事(1)第100480号 

 

〒110-0005

東京都台東区上野3-10-7 LCビル4F     

 

電話番号      FAX

03-5812-1381   03-5812-1382